就職難 求人

就職氷河期と求人

就職氷河期のさなかの求人は探すのが大変です。

求人に関わる人にとって、今は就職氷河期に匹敵する時代だと
いうことは重要です。

新卒者の活動も転職希望者の活動についても、
近年はこれまでになく大変な情勢にあるといえるのではないでしょうか。


1990年代のバブル崩壊後の就職活動に並ぶほどの
有効求人倍率の低さが、今の情勢の苦しさを物語っています。

特に高卒や中卒者の就職難は深刻で、
再就職も難しいようです。

求人雑誌やハローワークを訪れても正社員の募集は極めて少なく、
パートタイマーや派遣労働のような非正規雇用でないと見つからないほどです。

ただし、使える社員を会社が求めているという事象に
変わりはありません。

ハードルが高くはなりましたが、求人は必ず存在してはいるのです。


働き口を見いだす時は、自身の持つ能力と会社が求める能力との
相性問題が密接に関わってきます。

新卒者が求人を探す時には、就職に対してどのような期待をしているのか、
過大な要求をしていないか振り返ってみましょう。

転職先を求めている人も、それまでの技術を活かすばかりではなく、
未知のジャンルに興味を持つことも大事なことでしょう。

何が何でもこの職種につきたいという固い意思があるなら、
実現に向けて勉強や修養に励むことも大事です。

最近では多くの人が、未経験分野の求人募集に対応するため、
就職に必要なスキルを学校に通ったり講座を受けたりしています。

就職難と求人エントリー一覧