就職試験

就職の筆記試験と面接

採用試験には、書類審査や筆記試験、面接があります。

面接は就職を得る上では避けては通れないものです。

企業側は、新卒者の入社希望が多い場合は、
試験を二次、三次と複数回に分けて行っているところが少なくないようです。

中には1度の採用試験で決める会社もありますが、
その方法は色々です。

数多く集まる就職希望者の中からより良い人材を見いだすため、
会社も採用方法に工夫をこらしています。


筆記でのテストを行う会社でも、計算問題や漢字問題など
一般常識的だけでなく、適性検査をするところもあります。

企業の人間と就職希望者が話をすることで、
どんな人なのかじっくり見極めるのが面接です。

面接のスタイルは会社によって異なり、
一対多や多対多という形での面接もあります。

採用倍率を考えると、一緒に試験を受けた人の
何人かは落とされるのですから、面接で優位に立っておくことは
非常に大事です。


筆記試験を行うことで、基本的な部分をチェックしているといえます。

採用する人を決めるための試験が面接試験です。

そのため、面接での内容はとても重要になってくるというわけです。


新卒者に対する試験と、中途採用試験では
企業側も求めている人材が違ってきます。

資格試験や学校のテストとは異なり、
就職試験の面接では適切な自己アピールができているかどうかで
採用の可否が決定していまうようです。

就職試験エントリー一覧